ノコギリヤシ 亜鉛 薄毛

ノコギリヤシと亜鉛は最強タッグ!?

ノコギリヤシと亜鉛の組み合わせは、AGA(男性型脱毛症)の原因となる男性ホルモンを抑制することで、育毛効果を高めるといわれます。

 

ヤシ科のハーブの1種であるノコギリヤシは、古くから男性の強壮効果や利尿、頻尿、不眠などに効果があることで知られていました。
ノコギリヤシは、AGA(男性型脱毛症)の原因とされる男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑える働きをするとされています。
男性ホルモンのテストステロンが5aリダクターゼという酵素の働きでジヒドロテストステロンに変換され、毛髪の発生と成長を司る毛乳頭に働きかけることで髪の成長を妨げ、髪は成長する前に抜け落ちてしまうのです。
ノコギリヤシは、この5aリダクターゼの働きを抑制し、ジヒドロテストステロンに変換させないことで、毛髪の質の向上と発育をサポートしてくれるのです。
育毛を促進する成分と併せて使えば、より育毛効果が高まります。
その相性が良いのが亜鉛なのです。
亜鉛は、アミノ酸の分解やたんぱく質の代謝や免疫力を高める働きなど、人体に必要不可欠なミネラルです。毛髪にも様々な影響を及ぼし、ノコギリヤシと同様に、5aリダクターゼの働きを抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を抑える抜け毛を防ぎます。
日々、細胞分裂をくり返し成長していく毛髪には新陳代謝は不可欠、亜鉛は新陳代謝を活性化し、毛髪の主成分であるケラチミンタンパク質の生成を助けるのです。
亜鉛の新陳代謝を活発化させる働きは、毛母細胞の分裂や髪の主成分であるケラチナミンタンパクの生成を促し、毛髪の発育を助けます。
ノコギリヤシは、AGA(男性型脱毛症)の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制し、脱毛を防ぎ髪のツヤと健康を維持してくれるのです。
ノコギリヤシと亜鉛を併用して摂取することで毛髪を丈夫にし、成長しやすく環境も整え相乗効果で育毛を向上させることができるのです。