タバコ 薄毛

タバコと薄毛の関係性について

薄毛になる要因には色々なものがあります。不規則な生活習慣や乱れた食事、過度なストレス、お酒の飲みすぎなどはよく言われることですが、タバコも大きな要因になるといわれています。
なぜタバコを吸うと薄毛になりやすくなるのかというと、タバコには血管を収縮させる働きがあるからです。
血管が収縮すると全身の血液の流れが悪くなりますが、頭皮も例外ではありませんので血流不足となります。食べ物から摂取した栄養素は血液の流れにのって運ばれてきますので、血液の流れが滞ると上手く運ばれてこなくなります。
その結果、必要な栄養素が不足してしまい、毛包や毛乳頭の働きが阻害されてしまいます。それを繰り返しているうちにどんどん毛根が活動を停止してしまい、活動している毛根が減ってきてしまいますので、薄毛の進行が懸念されます。

 

タバコを吸っている人が急に禁煙をするのは難しいかもしれませんが、本当に薄毛の要因になりますので早めにやめた方が無難です。すぐにスッパリと止められない場合でも、少しずつ本数を減らしていくだけで変化が現れます。
それまで大きく収縮していた血管が少しでも緩めば血液の流れは多少なりとも改善されますので、栄養素の運搬がスムーズになります。活動が再開されれば毛母細胞の分裂も行われるようになりますし、抜け毛も減ってきます。

 

タバコを吸っている人が行っておきたい薄毛対策として頭皮マッサージがあります。これは一時的な効果を得るために行うことではありますが、毛根部分にきちんと栄養を届けることができれば薄毛の進行を食い止めることができます。
最近では毛細血管を拡張して血流を改善できるような育毛剤もたくさん発売されていますが、やはりタバコを吸いながらの対策では効果が出にくいので、止める努力をすることが大切です。
薄毛は進行してしまってからでは回復させるために多くの労力を必要とすることになりますので、早めに気付いて対策を始めなければなりません。