帽子を ハゲ

帽子をかぶるとはげやすいってホント?

社会の中で薄毛に悩む人は少なくありません。薄毛になる原因として、ストレスや生活習慣や洗髪の仕方があげられる他遺伝なども関係しているのではとあげられています。
そういった中の一つに帽子などを頻繁に長時間被ることによって抜け毛につながることもあるという話もあります。それはどういうことなのでしょうか。

 

まず、抜け毛予防や発毛には頭皮への血液循環がしっかりと行われ、栄養が行き渡っているかが重要とされています。これがストレスや生活習慣などによって頭皮が硬くなり血液循環が十分に行われなくなり、抜け毛に繋がり、さらには発毛も妨げてしまうということです。

 

他にも力を入れすぎた洗髪により頭皮が痛むことで、発毛の妨げや抜け毛につながるといったこともあります。

 

そして、帽子等を被っている場合は、たとえ軽く緩いタイプであっても本来の「何も被っていない状態」とは違って頭皮が圧迫された状態となり、血液循環が本来よりも悪くなっているのです。
ファッションでキャップなどを外出時の他に建物内でもかぶり続けている人は自身でも気づかないうちに頭皮に負担がかかっている状態に慣れてしまっています。
その状態を数時間も続けると大きな負担に繋がります。

 

また、工事現場や警備員の仕事などでヘルメットや帽子をかぶり続けている人は、真夏であっても数時間続けて被り続けることにより頭皮の圧迫の他に汗も溜まってしまっていて、仕事疲れがたまる上に頭皮にかなりの負担がかかっているという状態ということになります。
そのために発毛の妨げや抜け毛に繋がってしまうということです。

 

これらのようなことから、ファッションなどで帽子を被る場合は、建物内等では被らない、外出中でも30分〜1時間くらいに帽子をとり頭皮を休ませる、仕事で帽子やヘルメットを被らなければならない場合は、休憩時間は被らない、仕事の合間の可能な時に数秒程度だけ帽子やヘルメットを外すといったことを行うことができれば、頭皮の負担は大きく違ってきます。
一度、帽子を被る習慣を見直し、ご自身の頭をいたわってはいかがでしょうか。