諸説ありますが、てっぺんハゲは通常、生活環境の影響が大きいと言わています。

反対に額からの後退していくデコハゲは遺伝の確率が高いと言わています、この事から考えるとてっぺんハゲに関しては、生活環境で今後のハゲを食い止めることも可能と考えるのは、あまりにも安易でしょうか?

現在、多くの美容クリニックでもAGA(男性型脱毛症)の治療を行っているクリニックはあり、その治療も様々です。

一般的にAGA(男性型脱毛症)は、ヘアサイクルの乱れからくる場合が多く、治療法も様々ですが、大きく3種類に分かれます。

  1. 育毛剤治療
  2. 毛髪再生治療
  3. 植毛治療

育毛剤治療
大きく分けて2種類の方法があり外用薬と内服薬です。

外用薬は頭皮にや髪に直接塗布して使用し頭皮環境の改善に用いられます。

内服薬はプロペシアザガーロなどがあり、プロペシアにはフィナステリドが含まれており、フィナステリドには、AGA(男性型脱毛症)に有効な成分と言わています。

どちらも医療保険の対象がとなってしまいますので、病院によって金額が変わってきます、病院によっては、ジェネリック薬品を取扱金額を抑えてくれる病院もあるそうです。

毛髪再生治療
こちらは、頭皮に直接注射器を用いて治療する方法です。

毛髪再生治療には、グロスファクター療法やHARG®療法、育毛メソセラピーなどいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なりますが、現在ではアレルギーや副作用のリスクが低く施術時間が短いHARG®療が主流と言わています。

植毛治療
植毛治療は脱毛部分に頭皮の毛根を移植する治療です。

植毛にも2種類あって自分自身の毛根を移植する「自毛移植」と人工毛髪を移植する「人工毛髪植毛」があのます。

金額も高額で上限は無く、数十万円~200万円程度は必要と言われています。

以上がてっぺんハゲに有効な治療法の紹介です、いずれの治療も医療保険対象外とまってしまって、高額な金額が予想されます。

まずは、簡単にできる育毛剤をお試しになってから、専門の治療になされることをお勧めします。

トップページに、実際にチャップアップを試した結果が載っていますので、ご覧ください。