薄毛で悩んでいる人は、大勢いますがハゲの治療は何歳まで可能なのか知っていますか?。

年齢を重ねる毎に髪の毛が薄くなっていくのは仕方がないと、諦めていませんか、実は60代や70代でも髪の毛はまだ生える事が実証されています。

40代で薄毛で悩んでいる方は、もう手遅れってことは無いのです。

正しい知識とメンテナンスにより今の状態を維持するだけでなく、改善することも十分に可能なのです。

まずは、薄毛になってしまう原因を知ることから始めす。

人の頭皮には約10万本の髪の毛が生えていると言われています、一日に50~80本の髪の毛が生え代わると言われ全体の0.065%が毎日抜けている計算になります。

全体の0.065%と言われると少ないような気がしますが、あくまで平均値でそれ以上の人もいれば少ない人もいます。

髪の毛には人の一生と同じように寿命があり、「ヘアサイクル」がそれにあたり、ヘアサイクルは、成長期 ➡ 後退期 ➡ 休止期 を繰り返し生え変わります。

一般的に成長期は、2年~6年と言われ、何らかの原因で成長しきれなかったり、新しい髪が誕生しなかった際に薄毛になってしまいます。

シャンプーの際に抜け毛や就寝中の抜け毛はあって、正常な状態とも言えますが、その際に細い髪の毛が混じっているようでしたら要注意です。

髪の毛の早死に状態です、成長しきれなかった髪の毛が抜けた状態で、原因としては、一番多いのが栄養失調です。

髪の毛に十分に栄養が行き渡らずに、早死にしてしまっている可能性が非常に高いので、対策としては髪の毛に十分に栄養を届ける以外ありません。

栄養を与える方法としては内面的な方法と外面的な方法の2種類ありますが、内面的な方法としては血行の改善と栄養です。

髪の毛の土壌と言われる頭皮に栄養が無ければ作物が育たないように髪の毛も育ちません。血行の改善と日々の食生活が重要となってきます。

外面的な方法は、スカルプシャンプー育毛剤などが一般的です、正しい知識と正しいメンテナンスで40代でも、まだまだ発毛されるとは実証されていますので、諦めないでください。